読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
24歳 新婚 東京暮らし

24歳新婚生活真っ只中の私がブログを始めた理由

こんにちは。むらゆかです。

ブログを書くって時間も労力もかかるしとにかく面倒ですよね。

読むのは好きだけど、書くのは・・・という方も多いはず。

現在結婚1ヶ月目で、家事に仕事にバタバタしている私が何故ブログを始めたのか

という理由をここでまとめさせてもらいますね。

 

7年間長ーく細ーく続けてきた日記ブログ

f:id:murayuka:20170415182219j:plain

実はこのブログを始める前に、アメブロの方で7年間ブログをやっていました。

久しぶりに過去記事を遡ってみたらなんと、2010年から出てきました。

いやはや見るのも恐ろしいブログです。しかも画像はガラケーで画質悪いのね。

 

文章を書くのは元から好きだったのですが、

特に大々的に公開することもなく、自己満の世界でやっていました。

そのため月によっては、0記事なんてのもよくありました。

そんなゆるくて狭い世界で発信していたブログから離脱し、

気を新たに、ブログを始めたいな~という考えが少しずつ芽生えていたのです。

 

フォロワー数2,000人超え後輩の存在 

 

f:id:murayuka:20170415182246j:plain

そんな私の転機となったのが、大学時代の後輩のTwitter

何気なくタイムラインを見ていたら、その後輩ちゃんが自分のブログ記事を発信していました。

気になって読んでみると、まあ面白い!

自分のオピニオンがはっきり現れていて、読みやすくて、自分の書いていたブログとの差に愕然としてしまいました。(比較するレベルでもなかったのですが)

 

そして何気なくその子のフォロワー数を見てみると、なんと2,000人超え!

ちょっと前までは私と変わらないくらいのフォロワー数だったはず・・・と思わず目を疑いました。

気になって直接話を聞いてみると、なんとブログで収入も得ているとか

全く知らない世界だったので純粋に興味を覚えたのと、こういう道もいいなぁと一種の憧れをいだきました。

 

 プロブロガーとアフィリエイターの存在 

 色々と調べてみると、世の中にはプロブロガーと呼ばれるブログで生計を立てている人たちがいることが分かりました。

またアフィリエイトという広告収入の仕組みも初めて知りました。

 

勿論、ブログで収入を得るにはものすごい努力が必要です。

有名人でもない私のブログに訪れてくれる方はまず少ないでしょう。

 

それでも、今まで自己満で終わっていたブログの趣旨を少し変えて、世の中のために何か情報発信できるブログを始めてみたら・・・

もしかしたら何か違った世界がみえてくるかもと思ったのです。

 

 結婚は何かを始めるにはもってこいのチャンス 

f:id:murayuka:20170415182331j:plain

タイトルでも述べたように、現在私は新婚生活が始まったばかりです。

毎日、朝起きてお弁当を2人分作って、会社に行って、残業終わりにヘトヘトになって帰ってきて、夜はまた晩ご飯作って洗濯をしてという結構ハードな毎日を送っています。

 

そんな中で新たなこと始めるのは面倒!毎日が精一杯!と思う方は多いと思います。

でも、考え方を少し変えてみると、結婚=今までの自分の生活スタイルを見直す転機なんです。

 

結婚して、旦那さんがいて・・・となると、もはや自分のやりたいように生活することは不可能ですよね。

その生活を苦に感じてしまう人もいるのかもしれませんが、折角ならこれを期にライフスタイルを変えてみませんか!というのが私の持論です。

 

私はここで自分の生活を見直すためにも、ブログを始めました。

慣れないうちは更新頻度も少ないかもしれませんが、少しずつ普段の生活スタイルや失敗談、成功談等をまとめていければ良いなと思っています。

 

今の生活をちょっぴり良いものにしたい!

こう思っている方は結構多くいるのではないでしょうか。

ネットの世界にはたくさんの情報が溢れています。

色々な方のブログを拝見していると、「あ!これ私も取り入れてみたい!」と思える新たな発見が数多くあります。

まだまだブログを始めたばかりですが、そういった情報にも少しずつ敏感になって、いずれは発信者としてここに来てくださった方の役に立つ情報を提供できたらなと思っています。

 

以上、少し長くなりましたが、このブログ開設にはこういった私なりの思いがあります。

(新婚生活での鬱憤ばらしを書きたいわけではないので、どうぞご安心を。(笑))

 

ブログでの交流も積極的に行っていきたいと思っていますので、良ければお気軽にコメント等ご連絡くださいませ。

 

むらゆか